<< 良き哉 | main | 月末のお仕事;&...FMで情報提供書! >>

スポンサーサイト

  • 2010.12.28 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

神無月(かんなづき)も早十日

こねこねこ
 ご無沙汰でございます。5日のPET結果をその日のうちに聴いて,まあ結果は良かったので生活を改善すれば良い物を、薬が随分しみ込んでいるようで腹の底に力の入らない日々をだらだらと送っているMです.
 ある方から“復帰せよ”との温かいおしかりを受けたのをきっかけに,なんとかブログも再開したいと存じます。

 IT化委員会関係は今の所大きな問題は無い様に維持出来ていると思っています。
 金曜日にFMが繋がらない&印刷が出来ない!という報告を受けて,土曜日に4階のPCを見に行きましたが、見に行ったときには問題無く動作していました。
 ただ,動作が遅くなっていましたので,IEの[インターネット一時ファイル]を2台とも消去させて頂きました。小さなファイルですが溜まると“便秘”になって,LANへの接続など基本動作を損ないます。詳しくは6月17日の当ブログ記事をご参照ください。
 完了していない印刷データが溜まっても同じようにPCの動作不良をきたします。これはプリンターのプロパティを開いて[スプールデータ]を消去しなければなりません。こんなモノで大容量のRAMを消費し尽くす事は,Mac派のMは院内にPCが導入されて初めて知りました。Macも似たような“便秘症状”をきたす事はありますが、ここまで日常作業レベルではありません。
 後は,5階では看護サマリーはどうなっているのか心配です。Mが5階へ出向かなければ仕事が進まないのは判っております。体力の許す瞬間にお邪魔しますので、使い勝手などご意見を賜りたく存じます。

 突然ですが、俳句が感性であるのに対して、和歌は理詰めと言われます。M式の情景(叙事)和歌の作り方講義を一時間程受けて,ウチの子供達が合作で,
  登校路 黄色に染まる 銀杏(イチョウ)の木 朝に感じる 秋の始まり
と創りました。
 枕詞などの歴史的言い回しはいずれ判れば良いし,俳句の季語のように必ず入れなければならない流儀でもないので、とても簡潔に出来上がりました。(小学校からどこやらへ応募するそうです。)
 情景の和歌と言えば,Mの頭には小倉百人一首の次の歌が浮かびます.
  朝ぼらけ 宇治の川霧 絶えだえに あらわれわたる せぜの網代木(あじろぎ)
『渡る』という動詞が好きです。「風渡る」と聞くと実る前の稲田に広がる風紋が浮かびます。蛇足ながら…ここにある網代木は川に突き刺してある網をかける木の杭の事です。今まさに落ち鮎漁の季節、山里では色々な網が張り巡らされている事でしょう。64番・権中納言定頼(ごんちゅうなごん・さだより)の作で渓流好きなMには味わい深い歌です。芸術の秋、快晴の連休にあなたも一首如何ですか?
 エ〜っと下の絵は,よく時代風俗の参考資料にされる「石山寺縁起絵巻」に出てくる網代木です。一瀬しか描かれていないので網代木はV字の一列だけですが,左下に“相棒の”川霧が描かれています。
あじろぎ
 Mはこの連休は実家に帰る程度ですが、近いうちに日高川龍神の川霧を見に行こうと思っています。森林浴(実は必死に松茸探し)でリフレッシュして,生活を立て直そうと考えています。
PS.スピードスター石川が日本代表に復帰しましたね、Mは待望してましたから活躍して良かった!28歳になっても結構やりますね。やっぱり、足が速いだけでは「スピードスター」とは呼んで欲しく無いモンです。アナウンサーが馬鹿なノリだけで足だけ早い奴をそう呼ぶと,サッカーに詳しくない視聴者が勘違いします。ゴールへ向かう動きと玉捌きの早さが肝心なんです。
 こちらも待望の森本君も代表デビュー、ちょっと宇宙人で今後が楽しみです。
 ともあれ,スコットランドに2-0とは,白人に怯えていた昔は遠くなりました。来週のトーゴ戦が色々な意味で楽しみです。楽に勝ったら慢心して本番でこけるゾ〜!!!

スポンサーサイト

  • 2010.12.28 Tuesday
  • -
  • 01:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
久しぶりに とても脳を巡らせ大分に活性させられました  連休 奈良公園へ 私のお気に入りの 場所 春はしだれさくら 秋はおおいちようのあるところです
今年は早くも黄金色を見上げてきました

  この道は ブッタハウスへ 紅葉散る 
 
カナダよりの老夫婦に聞かれました
 カナダから ベビーの手比べ もみじかな

 むらさめの 露もまだひぬ みきの葉に
   霧たちのぼる 秋の夕ぐれ

 若き頃は なんて暗い歌と思っていましたが 今は心に染み入ります

またの 博学 文士 キヤスター情報 とても嬉しく待っています
ご自愛ください
  • 舞子 かるがも
  • 2009/10/14 7:32 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM